FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
新しいたたかいへ
「完」って自分で終わらせておいて、また書き込んでスミマセン!再度登場ですっ!

なんかどうしても伝えたくて。

昨日、婦人科に行ったら、案の定、悪化していました。
卵巣チョコレート嚢胞がすくすくと成長しておりました。どうりでお腹イタイはず。
子宮内膜症に加えて、子宮腺筋症まで病名ひとつ増えてました。

すぐに手術どうこうではないのですが、ホルモン剤の治療が始まります。
長期の治療に及ぶようです。
まあ、この病気は閉経するまで続くので「完治」というより上手くつきあっていかなきゃいけない病気なのですが。

この前まで長期インターフェロンしてたのに、そりゃないよっ!!て思うけどまったく別問題ですものね(^_^;)

内服薬ですが、副作用は不正出血とか。怖いなあ。
インターフェロンよりは副作用ひどくないだろう・・・あれを乗り越えたんだから大丈夫(関係ないか^^;)とか、またいろいろ病気・治療についてネットで調べています。
まるでC型肝炎の治療開始前のときみたいに。

しかし、C型肝炎完治の喜びに沸いたわずか1週間後に別の病気の治療開始決定って・・・おい!って突っ込みたくなりますが、病気は一つではないんですよね。

逆にいうと婦人科の病気はわたしの肝炎治療終了を待っていてくれたのかもしれませんね。
だってIFN治療中に悪化していたら中断せざるをえなかっただろし、そうするとこのたびの「完治」もなかったわけで。
不幸中の幸いか。

まあ、そんな感じでまた新たなたたかいが始まります。
そんもんなのかな~と思います。

それではまた!
どこかでお会いいたしましょう。

Twitterのリンクは、期間限定ということではずしました。恥ずかしいので。^^;(しょーもないつぶやきで)
このブログが消されず残っている限りは、その後の検査結果などまた更新するかもしれません。
ではではありがとうございました。
スポンサーサイト
[2010/09/12 22:48] | 治療後 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top
治療半年後の最終検査結果
ついに来ましたXデー。
っていいながらこの日をずっと意識していたわけでもなく
治療後は日に日に治療していたことをすっかり忘れてしまってたぐらいですが。

でもさすがに昨日の夜は入院中~治療中のことが走馬灯のように駆け巡り
なかなか眠れなかったです。

結果。

-----------------------------------------
検査結果
HCV(RT-PCR) ケンシュツセズ
WBC 39L  Hb 12.2L  PLT 156L  
GOT 16  GPT 10  
-----------------------------------------


HCV ケンシュツセズ  完治 です!!

や、やった・・・。


私「完治ですか。」

Dr「完治ですよ。」

私「著効ですか?完治ですか?」

Dr「同じ意味ですよ」

私「ありがとうございます!」


涙が出て先生にすがりつくのかと思いきや、あら?意外に平常心だ。
治療終了の日も大泣きするのかと思いきや、あら?意外と冷静だったように。

でもガンになる可能性がまったくないわけではないので、
半年に1回くらいは検査していきましょう。ってことでした。

CT結果も肝臓は異常なしだけど、案の定、婦人科疾患を指摘され
CTデータと紹介状を持って婦人科へ行くように言われました。
これについては「卵巣チョコレート嚢胞」とわかっていてこれまでにも
何度か診てもらっているのでまた行かなきゃな・・・と。

C型肝炎とのたたかいは終わったけど、また次から次へと敵はたたかいを挑んでくる。
そんなもんだ・・・!人生って。(けっして悲観しているわけではありません)
ただ今日はそれはおいといて、完治の喜びにひたらせてね。

病院出て、夫、父、姉、お義母さんへ連絡。
みんなすごく喜んでくれている中、本人が一番冷静。
まだ実感わかないのかな・・・
明日になったらもっと嬉しくなっているのだろう。
そして・・・天国の母へも心の中で報告。
一番喜んでくれているのはきっと母に違いない。

治療を始めたのが、2008年10月。
最初は、1年(48週)の予定で開始した治療。
IFN17本めでやっと陰性。
半年延長(72週)となり、今日の結果を聞くまでに約2年間。

長いたたかいでした。
でも人生の中では、2年間などけっして長くは感じない。
ただ治療中(真っ只中)にいた私には長い長い年月でした。

このブログは治療のみのテーマでしたので、記事を書くのはこれがたぶん最後です。

最後になりましたが、こんなサボりまくりのつたないブログを読んでいただいてありがとうございました。
お仲間さんのコメントにどんなに救われ、励まされたことか。本当に感謝しています。
皆さまの末永いご健康とお幸せを心よりお祈りいたします。

最後にひとこと。

「治療してよかった!!!」

topaz


-------------------------------------------

【9/5追記】
ブログ最後にしますと書いたものの、これまでを読み返していると週に1回の更新だったとはいえ、
飽きっぽい私が最後までブログを継続できたことに改めて我ながら驚きました。
これはひとえに、読んでいただいた皆様のおかげであったと思っています。
本当にありがとうございました。

これにて「たたかうわたしの一年間+半年延長」ブログ、終了させていただきます。

《 完 》
[2010/09/03 21:00] | 治療後 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
治療終了半年後の検査を受けてきました。
皆様、ごぶさたしております。
厳しい暑さが続いておりますが、お元気ですか。

さてさて。
早いもので72週のペグレベ治療終了から半年が経過しました。

その後の体調はもうすこぶる順調で、元の体調いや、治療前よりも元気かも?しれません。
まあ多少疲れやすいのは40代になってしまった歳のせいもあると思います。

リハビリで始めた?ジョギングも徐々に距離を伸ばし、10キロ近くまで走れるようになりました。
ここのところ暑さでさぼり気味ですが、マイペースで続けていこうと思います。

一番うれしいのが、お酒が飲めるようになったこと。
治療中は当然禁酒なので、もうこのままやめようかとも思ったんですが、なにせもともとお酒好き。
「たまに」「適量を」楽しんでます。

あの長い長い1年半の治療が、まるで前世!?のことのように、遠い遠い昔に思えます。

今日久々に病院で検査を受けながら、「わたしってそんな治療してたんやな・・・(すご)」
なんて改めて驚いたりして。ようやったなあ・・・なんて今さらながら。

わたしが人生初の入院をし、1年半毎週治療に通い続けた思い出の総合病院はこの春より「肝臓内科」が
なくなってしまったため、今回から主治医の先生が異動された、となり町の病院に行ってまいりました。

病院は変われど、先生は同じなのでとくに問題なく安心です。
ちょっと距離は遠くなってしまったけど、やはり事情を知ってくれている先生に引き続きお願いしてよかった。

で、血液検査とCT(造影剤)を受けてきました。

WBC 3.9L  Hb 12.2L  PLT 156L  
GOT 16  GPT 10    

白血球低めとはいえ、大体基準値におさまる範囲まで戻りました。
ヘモグロビンが戻ってきたきたことにほっと安心。

で、肝心のウイルス結果が出るのは・・・2週間後です。

9月3日(金)にウイルス結果とCT結果を聞いて、やっと一区切り。です。

もう血は採ったし、もうやるだけやったし、もう後は結果を待つのみ、です。

もちろんいい結果を期待しますが、こればっかりはわからない。
どんな結果が待ち受けていようともそれが人生だーーー。と思います。

でも、9月3日(Xデー)は緊張するんだろうな。
[2010/08/21 17:20] | 治療後 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
治療終了から4ヶ月がたちました。
皆様、すっかりごぶさたしておりましてすみません。
お久しぶりです。

治療終了から4ヶ月たちました。
今の体調はもう通常といいますか完全に治療前に戻っていると思います。
治療前よりよくなったか?とまでは言えませんが。

前回書いた肌荒れもちょっとマシになったとはいえ
治療前のつるつるお肌には戻らずだし、
イライラ、落ち込みやすくなったのも変わらないかな。

治療後の体重から2キロ太っちゃいました・・・。
食欲も戻ったからでしょうね。
せっかくインターフェロンダイエット?!に成功したのに。
これじゃあいかんと、ジョギング再開と新たにホットヨガを始めました。

治療中は「走る」なんてありえない行為だったので
(貧血のため、息切れがして走るどころか治療終盤では早歩きも無理だった)
また走れるようになった喜びをかみしめております。

自分がペグレベ72週治療を行ったことは遠い昔のようで、
日常生活に追われ、すっかり記憶のかなたへ忘れてしまっていましたが、
あの一年半と感謝の気持ちは忘れてはいけないことです、反省しました。

来月は最終結果が出ます。
いい報告が出来ればいいのですが、こればっかりはわからない。
どんな結果であれ、もう全てを受け入れる覚悟はできてるつもりです。
とはいえ、「宣告」を受ける診察当日は緊張するんだろうなと思います。

まあそれも人生、これも人生。

とりあえず、元気にしております。

これから暑くなりますが、皆様もどうぞお体無理なさらずお元気で・・・。

[2010/07/03 22:31] | 治療後 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
治療3ヶ月後の検査結果
すっかりごぶさたしておりましてすみません~。
皆様、いかがお過ごしですか。

その後のわたしはというもの完全に以前の体調に戻り普通に生活しております。
治療していたことが、すでに遠い過去のことのように思えています。

ただ体質に変化があったのか、以前の自分より変わった?と思うのが下記3項目。

・肌荒れ。時々吹き出物がでる。(治療前は肌トラブルと無縁だったのに)
・落ち込みやすくなった気がする。
・髪質がクセ毛→ストレートになったような気がする。=これに関してはうれしい(^^)

いや、でも気のせいかもしれないってレベルですが。


さて、昨日は久々の診察で、治療3ヶ月後の検査結果を聞いてきました。

ウイルスは陰性継続中。(ほっ)
WBC 3.2L  Hb 11.7L  PLT 135L  
GOT 17  GPT 10  フェリチン 46 

陰性でホッとしましたが、最終的にどんな結果になるかはまだわからないので
どっちに転ぼうとも「受け止める」とだけ思っています。
ヘモグロビンも戻ってきたので(完全とはいえないですが)
鉄剤は継続しなくて大丈夫ということになりちょっと安心しました。

さて。次回は8月。いよいよ最終。治療半年後の結果が出ます。

わたしが診てもらっている総合病院では医師不足により、この春から「肝臓内科」がなくなり、主治医もそれに伴って退職されるので今後は別の病院を紹介してもらうという話だったのですが、よくよく話を聞くと先生が異動する病院は行ける範囲だったので最後まで診てもらえることになりました。

よかった・・・。一安心。
だって、「運命の最終結果」をその日初めて会う先生から告げられるって・・・なんか違和感ないですか。(^^;)
どの先生から聞こうが結果は同じなんですが。

いい結果であることを願いながら、どんな結果であっても「受け止める」って覚悟して8月を迎えたいです。

またしばらくごぶさたしてしまうかもしれませんが、最終結果は必ずご報告いたします。
[2010/05/15 15:19] | 治療後 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。